ウィッグのお手入れ方法
2017.04.24

可愛い女の子のイラストウィッグは素材によってお手入れ方法が変わってきます。人毛か人工毛か、耐熱性があるかないかなどでやってはいけないNGポイントが変わってきます。まず大きく違うのは人毛か人工毛か。次に人工毛のうちでも耐熱性のあるものか、ないものかで大きく変わってきます。正確には各商品によって違いがあるのでその商品の取扱説明書やメーカーのサイトなどで確かめてください。

人毛ウィッグは基本的に人工毛ウィッグよりも繊細です。日常のケアが必要で、時間と共に劣化が起こります。
日常のケアとしては使う前と使う後のブラッシングが大事です。毛先が絡んでしまった時は先に霧吹きやウィッグ専用のスプレーなどで湿らせてからブラッシングします。5~6回使った後は静電気をおさえるスプレーを使ってからブラッシングすると絡みやダメージをおさえられます。
ホコリや汗や汚れをそのままにしておくとウィッグのダメージにつながるのでシャンプーも必要です。ただ毎回行う必要はありません。毎日使っていても7~10日に一度ぐらいが目安になります。
シャンプーをする前にも毛先から少しずつブラッシングをします。絡みがある場合は丁寧に少しずつ絡みを取ります。絡んだまま水に濡らすと絡みが取れなくなってしまう場合があります。
ブラッシングが済んだら洗面台や洗面器に水か、冷たくない程度に温めた水を張り、シャンプーをとかしてからウィッグを浸します。ウィッグが絡まないように持ち上げて、根元から毛先に向かって少しずつ、とかし洗いをします。もみ洗いはウィッグが絡まってしまうので厳禁です。
シャンプーが済んだら洗面台や洗面器に水を何回か入れ替えて、すすぎをします。水を流しながらすすぎをすると水流で絡みができてしまう事があるので注意が必要です。
すすぎの後はまた水を入れ替えてトリートメントやコンディショナーを水にとき、ウィッグを入れ、軽くとかします。その後はまたすすぎをします。
終わったらタオルでウィッグ全体を包み込むように軽く押さえて水気を取ります。こすったり絞ったりすると型崩れやダメージができてしまう原因になるので厳禁です。半乾きの状態でドライヤーとブラシでスタイルを整えます。

人工毛ウィッグは基本的に人毛ウィッグより耐久性が高いです。それでも素材などにより、その特性とお手入れ方法は大きく変わってきます。
人工毛ウィッグの中でも耐熱性のあるものとないものがあるので、この点でまず大きく分かれます。
普段のドライヤーやシャンプーのお湯がOKなものと、完全にNGのものがあります。
耐熱性が強化されているものだと人毛ウィッグより耐久性が高く、耐熱性のまったくないものだと人毛ウィッグより熱に関しては弱くなります。
いずれも普段のブラッシングと定期的なシャンプーは必要です。耐熱性のないウィッグのシャンプーは完全に水で行い、ドライヤーは使わず自然乾燥させます。
ブラッシングやシャンプーのし過ぎは人毛ウィッグ、人工毛ウィッグ共にダメージにつながるので注意が必要です。

▲ ページトップへ