自分に合ったウィッグの選び方
2017.04.24

横顔のイラストウィッグにはたくさんの種類があります。なりたい自分になるためには気に入ったデザインのものを選べばいいわけですが最初に基本的なウィッグの種類や特性を覚えておきましょう。
まず、頭全体にかぶるフルウィッグと部分的にボリュームアップする部分ウィッグ。それと素材の違いで人毛ウィッグと人工毛ウィッグ。その両方を使った中間のものもあります。
頭全体にかぶるフルウィッグだと自分の髪の毛との境は気にしなくてもかまいませんが、部分的にボリュームアップする部分ウィッグだと自分の髪の毛にプラスするのでその境が自然になじむようにしなければいけません。色の違うウィッグだとなじみませんし、ウィッグの素材も問題になります。
基本的に一番自然なのは人毛ウィッグです。素材が人の毛なので当然、人工のどの素材よりも天然の人の毛そのものになっています。人工毛でも最近は人毛に近い質感のウィッグもたくさんあります。人毛ウィッグはコストがかかるのでお値段はやはり安くても数万円になるのに対して人工毛ウィッグだと数千円で購入できるのでまず試してみるには人工毛ウィッグがいいと思います。
色・質感は実際の専門店に行ければそこで確認できますが通販だとサイトの説明で判断しなければいけません。色は、基本的には少しマットに思えるものの方が無難です。サイトだときれいな色に見えても実際の商品だとテカりが目立ちすぎるという事もあります。
また、サイズやフィット感も問題になります。ウィッグの伸縮性や、頭にフィットするためのアジャスターに工夫してあるものもあります。
長時間使うには通気性もチェックポイントになります。ここに工夫しているものもあります。
ウィッグを自分でアレンジする場合はドライヤーやコテが使えるかという耐熱性も問題になります。耐熱性が強化されているものも、まったくないものもあります。ウィッグは素材によってこのあたりの特性やお手入れ方法は変わってくるので、自分の使い道によってチェックが必要です。
通販でも自宅で試着のできる専門店もあります。美容院で自分のヘアスタイルをカットしたりカラーするのとは違い、いろいろ手軽に変えられるのがウィッグのいいところなので、いろいろ試してみるのがいいと思います。デザインも最初思っていたよりも試してみたら意外に気に入るという事もあるでしょう。自分に合うかどうかは最初に自分で思うよりももっと広い可能性があります。まずは一つ試してみるのが新しい自分への第一歩です。

▲ ページトップへ